「直行直帰」の意味と使い方は?例文を含めて解説!【ビジネス用語】

「直行直帰」という言葉の意味と使い方を知っていますでしょうか?
ビジネスシーンで使われる言葉ですが、正しい理解ができていないという人も多いかと思います。
この記事では「直行直帰」の意味や使い方について分かりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、最後までご覧ください。

「直行直帰」の意味と使い方は?

「直行直帰」という言葉について、意味を解説していきます。
基本的にはビジネスで使われる言葉です。
特に多いのが、営業やサービス職などの人が、出張や現場に出ることの多い会社でしょう。
そのような会社では、ホワイトボードやスケジュールなどに「直行直帰」と記載があるのを見る機会があるはずです。
意味さえ分かれば特に難しい言葉ではありません。
意味や使いかたについて紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

直行直帰とは「会社に寄らずに直接出張や現場、客先などに行き、会社に戻らずに帰宅する」という意味の言葉です。
これはスケジュールによっては、「会社に寄ってから出かけ、会社に戻ってから帰宅する」ということが難しい場合があるためです。
直行直帰が考えられるケースには次のようなものがあります。
・遠くはないが、朝の約束時間が早く、終わる予定も遅い
・遠い場所に行き移動時間が長いため、会社の終業時間内の出社や帰社が困難である
そのため「明日は現場に直行直帰します」という場合は、「明日は現場で仕事をするが会社には来ない」ということを意味しています。
連絡がつくかどうかは状況次第になるため、相手に確認する必要があります。

「直行直帰」の使い方を例文で紹介

・来週の月曜日は出張ですが、直行直帰となります。

・移動時間が長くて直行直帰になるため会議には出席できません。

・明日は直行直帰ですか?

・最近直行直帰の仕事が多いので会社での仕事が溜まってしまい困っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。