「架電」の意味と使い方は?例文を含めて解説!【ビジネス用語】

架電」という言葉の意味と使い方を知っていますでしょうか?
ビジネスシーンで使われる言葉ですが、正しい理解ができていないという人も多いかと思います。
この記事では「架電」の意味や使い方について分かりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、最後までご覧ください。

「架電」の意味と使い方は?

「架電」という言葉について説明します。
この言葉を日常生活で使う、という人は、滅多にいないのではないでしょうか。
コールセンターや、カスタマーサポートの仕事などでは頻繁に使われる言葉です。

 

「架電」とは、「電話をかける」ことを意味する言葉です。

かかってきた電話のことではなく、自分から掛ける、または掛けた電話のことをいいます。
これは「電話(線)を架ける」という意味の業界用語が一般的に使われるようになり、現在に至ります。
また、メールの件名などにおいて「架電の件」という言葉が使われることがあります。
これは「電話を掛けた件について」を簡略化したものになります。

また、コールセンターやカスタマーサポートサポートなどでは「架電対応」といった使われかたをする場合もあります。

架電自体は難しい言葉ではありません。
しかし、「電話を受けること」ではないので、逆に覚えてしまわないように注意する必要があります。

「架電」の使い方を例文で紹介

・本日の午前中は、基本的には客先への架電対応を優先してもらえるようお願いします。

・架電した件について、あらためて文書にて詳細をお伝えいたします。

・架電件数が少ないため、もっと積極的に対応するようお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。