「最寄り品」の意味と使い方は?例文を含めて解説!【ビジネス用語】

「最寄り品」という言葉の意味と使い方を知っていますでしょうか?
ビジネスシーンで使われる言葉ですが、正しい理解ができていないという人も多いかと思います。
この記事では「オーソライズ」の意味や使い方について分かりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、最後までご覧ください。

「最寄り品」の意味と使い方は?

「最寄り品」という言葉について解説していきます。 この言葉は、普段の生活ではあまり聞き馴染みがない言葉かもしれません。
主に、マーケティングのプレゼンや論文等で「最寄り品、買い回り品、専門品、非探索品」などと一緒に、消費者が購入する品の分類方法として挙げられていることが多い言葉です。
業界によっては、会社等で使用される言葉かもしれませんし、知識として身につけおいても良いと思いますので、ぜひご覧になってください。

最寄り品とは、「その品を使う消費者が、特別に努力をすることがなく購入することができ、かつ頻繁に購入するもの」のことを指します。
例えば雑誌、トイレットペーパー、ティッシュ、タバコ、洗剤など、日常生活で使用するものが最寄り品です。
最寄り品は、文字通り最寄りのお店でどこでも購入することができる品で、単価が安く手に入れやすいものです。

マーケティング業界で、この言葉が使われやすい理由は、最寄り品の販売手段を工夫して売り上げを上げるといった販売計画を立てるからです。
最寄り品はすぐ消費し購入するもので、計画的に購入するものではなく、マーケティングの際は最寄り品をどのように販売することで消費者が購入しやすくなるかといった思索を行います。

「最寄り品」の使い方を例文で紹介

・小売店での、最寄り品の陳列方法について思索する。

・最寄り品の購入頻度について消費者にアンケートを行う。

・売上向上のために、販売商品を最寄り品、買い回り品、専門品、非探索品の4種に分けて売上について考察する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。