「五月雨式(さみだれしき)」の意味と使い方は?例文を含めて解説!【ビジネス用語】

「五月雨式(さみだれしき)」という言葉の意味と使い方を知っていますでしょうか?
ビジネスシーンで使われる言葉ですが、正しい理解ができていないという人も多いかと思います。
この記事では「五月雨式(さみだれしき)」の意味や使い方について分かりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、最後までご覧ください。

「五月雨式(さみだれしき)」の意味と使い方は?

「五月雨式」という言葉の意味について解説していきます。
五月雨式は、特にビジネスシーンで使用される機会が多い言葉です。
電話やメールを利用する業界では目にする機会も多いです。
若手社員の方の中には、目にはするが今は知らないという方、文面で目にするが読み方もわからないという方もいるかもしれません。
間違った使い方、読み方で恥をかくことを防ぐためにも、ぜひご覧になってください。

「五月雨式」は、「さみだれしき」と読みます。
五月雨とはその名の通り5月に降る雨のことを指す言葉です。
皐月(さつき=陰暦の5月)の雨で「さつきあめ」、それが変化して「さみだれ」という読み方になっています。
5月といえば梅雨に入る時期です。皆さんもご存知のようにこの時期の雨は長い期間、断続的に降り続くという特徴があります。
「五月雨式」はこの梅雨の時期の雨のように、物事が断続的にいつまでも続く様子を指して使用される言葉です。
メールや電話などが断続的に送られる、かけられる状況を指して、ビジネスシーンで使用されることが多いです。
本来は1度に済ませることができれば理想であるものが複数回に分割されてしまうというようか、どちらかというとマイナスなイメージで使用される言葉であるため、上司からのメールなどに対しては使わない方が賢明です。

「五月雨式(さみだれしき)」の使い方を例文で紹介

・五月雨式の納品になってしまい申し訳ありませんが、ご確認の程よろしくお願いいたします。

・情報が取引先から五月雨式に入ってきたため混乱してしまう。

・今月は繁忙期のため、会議が五月雨式に行われる予定になっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。