「ホワイトカラー」の意味と使い方は?例文を含めて解説!【ビジネス用語】

「ホワイトカラー」という言葉の意味と使い方を知っていますでしょうか?
ビジネスシーンで使われる言葉ですが、正しい理解ができていないという人も多いかと思います。
この記事では「ホワイトカラー」の意味や使い方について分かりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、最後までご覧ください。

「ホワイトカラー」の意味と使い方は?

「ホワイトカラー」という言葉について解説していきます。
サラリーマンであれば理解している方が多いと思われますが、主にビジネスに関する会話で使われる言葉です。
ホワイトカラーという海外の人気ドラマもありますが、white color = 白い色と勘違いされている方がいたら、ここできちんと整理しておきましょう。対になる言葉は「ブルーカラー」になりますが、併せて紹介していきます。

ホワイトカラーは white color ではなく white collar と綴り、和訳は白い襟になります。
つまり白い襟のワイシャツを着用し、オフィスで仕事をしている職員や事務員、管理職を指す職業分類の言葉です。
具体的には、事務職、営業職、管理職、記者、医師、弁護士、税理士、設計士、プログラマー、研究者などの職業が該当します。

対するブルーカラーは雇用主から支給される作業服の襟が青いことが多い、肉体労働に直接従事する労働者を指します。
一般にホワイトカラーはブルーカラーに比べ賃金は高いことが多く、生産に直接関わらない業務のため労働災害は少ないとされます。
ただし知的・精神労働のため、精神的負担が高いのが特徴とされます。

「ホワイトカラー」の使い方を例文で紹介

・今後 AI の普及によりホワイトカラーの仕事が減少することが予想されています。

・中小企業の高卒初任給はホワイトカラーのほうが高い。

・ブルーカラーはホワイトカラーに比べて学歴が劣っているということはない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。