「ファジー」の意味と使い方は?例文を含めて解説!

「ファジー」という言葉の意味を正しく理解しているでしょうか?
聞いたことはあるけれど使ったことはないという人も多いのではないでしょうか。
この記事では「ファジー」の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、これを機に正確に覚えてみましょう。

「ファジー」ってどんな言葉?

「ファジー」という言葉はビジネスシーンでよく使う言葉です。
お酒を嗜まれている方だとファジーネーブルというカクテルの名前で聞いたことがあるかもしれません。
ファジーの代わりになる言葉はたくさんあるので無理に使うような言葉ではありませんが、仕事の場で聞いた時にニュアンスを正しく理解するために学んでおきましょう!

「ファジー」の正しい意味

「ファジー(fuzzy)」は英語で「曖昧な/ぼやけた」という意味です。
これはもともと、綿毛状の輪郭がぼやっとした様子を表していたため、転じて上記の意味になったといわれています。

この言葉が広まったきっかけはコンピュータテクノロジーの発展によるものでした。
コンピューターでは処理できないといわれていた曖昧な部分をプログラミングする理論の「ファジィ理論」が家電製品に応用されたことで1990年には流行語大賞も受賞しています。
若い層の場合は耳なじみがないのも頷けます。

最近では「曖昧」という意味から発展して「柔軟な」という意味合いも含まれるようになりました。
もし上司から「ファジーな対応を頼む」と言われたら、それは「臨機応変に柔軟な対応をしてくれ」という意味になるでしょう。

ファジーネーブルについては材料にピーチリキュールが使われており、ファジーはその桃の産毛をイメージしたものであるという説があります。
他に、ピーチなのかオレンジなのか判断しづらい曖昧な味を表しているという説もあります。

「ファジー」の使い方を例文で紹介

・ファジーな部分を精査する必要がある
・人間の勘や経験則といったファジーな部分を数値化することが科学の発展につながる
・その案件にはファジーな対応が望まれる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。