「ピーカン」とは?意味・使い方・例文を紹介

「ピーカン」という言葉について知っていますか?
この記事では「ピーカン」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「ピーカン」って?

「ピーカン」という言葉をご存知でしょうか?
ピーカンと聞くとピーカンナッツやピーカンパイ等の食べ物を連想される方もいるかとは思いますが、今回は食べ物ではないほうのピーカンについてお話します。
「ピーカン」とは、元々戦前からの映像制作等の業界用語として使われていた言葉です。言葉の意味を知ると、思わず○○な日には使ってしまいたくなる良い言葉なので、ご説明していきたいと思います。

「ピーカン」の意味について解説

「ピーカン」とは、映像制作の業界で使われている言葉で「雲ひとつないよく晴れた撮影日」の事を言います。由来は様々ありますが、晴れている日はピントが多少合っていなくても完全であるという「ピントが完全」という言葉の略語、また、太陽の光が「ピーンと光ってカンカンに照る」という言葉の略語、パーフェクトコンディションの略語説等言われは様々です。いずれにせよ、撮影業界では撮影がしやすい良い日という喜ばしい言葉ですね。
一般的にも晴れた日の事をピーカン、ドピーカンという風に表してしる方もいるようです。
前述でもお話したように、ピーカンからクルミやナッツを連想される方もいるようなので、晴天の日を指しての会話場面で「ピーカンナッツですか?」と聞き返さない様に、意味を理解しておきましょう。

「ピーカン」の使い方と例文で紹介

・次の日曜日はピーカンだから、おでかけ日和ですね
・久しぶりのピーカンだから、遊園地にでもでかけようか
・今日はピーカンだから、撮影が上手くいきそうですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。