「ビジネスリテラシー」の意味と使い方は?例文を含めて解説!【ビジネス用語】

「ビジネスリテラシー」という言葉の意味と使い方を知っていますでしょうか?
ビジネスシーンで使われる言葉ですが、正しい理解ができていないという人も多いかと思います。
この記事では「ビジネスリテラシー」の意味や使い方について分かりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、最後までご覧ください。

「ビジネスリテラシー」の意味と使い方は?

ビジネスパーソンなら良く耳にするであろう「ビジネスリテラシー」という言葉について解説します。

語尾にリテラシーと付く言葉は様々ありますが、ビジネスリテラシーは、特にビジネスにおいて思考力やコミュニケーション力が問われる場面で多く使用されています。

ここでは、ビジネスリテラシーの概念とはどういったものなのかということと、ビジネスリテラシーが具体的にどのようなスキルを指すのかといったことに触れていきます。

 

まず、ビジネスリテラシーという言葉の意味についてですが、最初に語尾の英語のリテラシーという言葉に着目します。

このリテラシーという言葉は、英語の直訳で「読み書きが出来る事・識語能力」という意味を持ちます。

そして、現在では主にこの読み書き能力という意味から派生して、リテラシーという言葉は「相応の知識を持ち合わせていること」「特定の分野に関しての知識や見解がある」というような意味で使用されるようになりました。

そのような経緯から、リテラシーという概念をビジネスの分野に特化した言葉である「ビジネスリテラシー」とは、ビジネスのシーンにおける基礎的な知識や、業務に関連した能力のことを意味するようになりました。

具体的にビジネスリテラシーがどういったスキルを指すかというと、そこには実に様々なスキルが含まれるのですが主だったものとしては物事を筋道立てて考える論理的思考力(ロジカルシンキング)や、上司部下、取引先などとの対人関係構築スキルやそれに付随するコミュニケーションスキル、などが挙げられます。

「ビジネスリテラシー」の使い方を例文で紹介

・今度異動で来た人はビジネスリテラシーが低いので、ビジネスの基本的な事柄さえ上司からしばしば叱責される。

・一般的に言って、ビジネスリテラシーが高い人は出世しやすい傾向にある。

・今年の新入社員はビジネスリテラシーが高い人が多いので、ビジネスの基本を逐一教えずに済みそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。