「バズる」ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

「バズる」という言葉をネットで見て気になっていませんか?
よく見る言葉ではありますが、実際に使ったことがないという人も多いかと思います。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら説明していきます。

「バズる」ってどんな意味か知ってる?

最近流行りの「バズる」という言葉について解説していきます。
SNSや情報発信サービス、YouTubeなどの普及により近年、急に見かけることが多くなった「バズる」という言葉。
上記のサービスをよく利用する方の中には、何となく意味がわかるという人もいるかと思いますが、正しい意味や語源を知っているといった人は少ないんじゃないでしょうか。
インターネット上では様々なところで見かける言葉ですので知っておいて損はありません。
正しい意味や語源など紹介していきますので、是非ご覧になってください。

「バズる」の意味

バズるとは「インターネット上などで短い期間の内に爆発的に話題が広がり、多くの人の注目を集めること」という意味になっています。
また、意外なことにマーケティングの用語としてビジネスシーンでも使われることがあります。
また何故「バズ」るなのかというと、ハチなどがブンブン飛ぶ様子やがやがや言う、ざわめくといった意味を持つ英単語「buzz」が語源となっているからです。ハチが集ってブンブン飛んでいる様子や、人が集まってがやがやざわめく様子は多くの人が何か1つの物事を大きく話題にし注目を集めている様子に似ていますね。
またビジネスシーンでは「バズマーケティング」といった用語にバスるという言葉が用いられ、特定のターゲットグループに口コミを利用して商品を買わせるマーケティング手法という意味をもっています。

「バズる」の使い方と例文

・YouTubeに投稿した動画がバズり、再生回数が10倍になった。
・最近あった衝撃的な出来事をSNSで共有するとバズり、多くの人からメッセージが届いた。
・とあるアイドルが好きな若者をターゲットにバズマーケティングを行ったところ成功し、製品の売上が爆発的に伸びた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。