「コーポレートガバナンス」の意味と使い方は?例文を含めて解説!【ビジネス用語】

「コーポレートガバナンス」という言葉の意味と使い方を知っていますでしょうか?
ビジネスシーンで使われる言葉ですが、正しい理解ができていないという人も多いかと思います。
この記事では「コーポレートガバナンス」の意味や使い方について分かりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、最後までご覧ください。

「コーポレートガバナンス」の意味と使い方は?

日々の経済ニュースや、企業のIR報告書などでもよく見かける「コーポレートガバナンス」という言葉について説明をします。
コーポレートガバナンスという言葉が多出するビジネスシーンは、企業や組織全体の事柄に関わる話であることが多いものです。
しかし、言葉の意味をしっかりと理解すると、企業や組織で働く一人一人の社員にとっても大変重要な内容を含んでいることが理解できるはずです。

コーポレートガバナンス(Corporate Governance)という言葉を日本語にそのまま直訳すると「企業統治」という意味になります。
特に株式会社においては、会社は経営者達のものではなく、資本で会社を支えている株主のためのものという考え方に基づいて、企業経営を監視する仕組みのことを指すことが多いです。
コーポレートガバナンスにおける具体的な取り組みとして主なものは、取締役と執行役の分離・監査役や社外取締役の設置などが挙げられます。
このように企業経営における透明性と公平性を確保できていると、コーポレートガバナンスは良好と言えます。
また、コーポレートガバナンスという言葉には、株式会社における企業統治の監視体制という意味だけでなく、株主と以外のステイクホルダー(従業員や顧客、取引先も含む利害関係者)との適切な協働体制を構築するという意味もあります。
コーポレートガバナンスは、企業の持続的成長と企業価値の向上に特に重要な概念とされており、不祥事の無い健全な企業経営を行なう上でも真っ先に考えなければいけない事柄と言えます。

「コーポレートガバナンス」の使い方を例文で紹介

・今回の我が社における監査役の増員は、コーポレートガバナンス強化の一環である。
・コーポレートガバナンス体制がきちんと構築されていれば不祥事は未然に防げるだろう。
・従業員一人一人が社内規則に則った行動を徹底することは、ひいてはコーポレートガバナンスの強化につながる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。