「ゲラ」とは?意味・使い方・例文を紹介

「ゲラ」という言葉について知っていますか?
この記事では「ゲラ」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「ゲラ」って?

「ゲラ」 という言葉について解説していきます。
実はこの言葉は何となく普段の生活では聞きなれない言葉ですよね。
そのように聞きなれない言葉だということは、専門用語か?はたまた外国語か外来語なのか?と想像したりします。
もしくは、日本語だとしても地方の独特な方言なのか?とも予想できます。
実際にもテレビやラジオなどでもあまり聞き慣れないこの言葉。
ではこの「ゲラ」について、意味や使い方を紹介していきたいと思います。

「ゲラ」の意味について解説

「ゲラ」の意味とは「印刷所で刷られた試し刷り」となっています。
出版社や印刷関係の仕事に付いている人であれば、「ゲラは出来ているか?」「先方にゲラを送っておいてくれ」など日常的に職場で飛び交う言葉だと思います。
一般社会ではやはり聞きなれない言葉ですね。

この語源の元になったのは英語で「galley」だそうで、その昔は印刷を試して刷るときに版を保管しておく入れ物を「ゲラ」と呼んでいたそうです。
それが発展し、いつのまにか試し刷り自体のことを「ゲラ」と呼ぶようになりました。
また、関西地方の放言で笑い上戸な人の事を「ゲラ」と 呼ぶこともあります。
「ゲラゲラと笑う」と同じイメージの言葉です。

「ゲラ」の使い方と例文で紹介

・「ゲラ」が出来上がり確認出来たら、本刷りを始める。
・「ゲラ」が失敗しているからもう一度最初からやり直しだ。
・ちょっとした事で大笑いして、お前「ゲラ」だな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。