「エビデンス」の意味と使い方は?例文を含めて解説!【ビジネス用語】

「エビデンス」という言葉の意味と使い方を知っていますでしょうか?
ビジネスシーンで使われる言葉ですが、正しい理解ができていないという人も多いかと思います。
この記事では「エビデンス」の意味や使い方について分かりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、最後までご覧ください。

「エビデンス」の意味と使い方は?

「エビデンス」という言葉の意味について解説していきます。
近年一般的に使用される機会が増えてきた言葉であるため、一度はどこがで目にしたり耳にしたりしたことがある方が多いのではないでしょうか。
学術用語、業界用語など様々な形で使用される言葉ですが、使われる場所によって意味が異なる言葉です。
誤った使い方をしてしまわないよう、どのような違いがあるのか、是非ご覧になってください。

「エビデンス」という言葉はそのものには「根拠」や「裏付け」という意味があります。
どの使われ方も英語の「evidence」の意味の範囲ですが、業界によってどの意味が強く捉えられて使用されているのかという点で違いが出てきます。
まずビジネスの世界で使われる場合ですが、議事録や誓約書など、そこで話し合われたことや行われたことの形跡、裏付けという意味で使用されることが多いです。
主に話が食い違ってしまうことを避けるための証拠になるようなものを指して使用される言葉です。
一方で医療の世界では、薬や治療法がその対象になる病気に対して効果があるという研究結果、つまり病状回復への根拠のことを指して使用されることが多いです。

「エビデンス」の使い方を例文で紹介

・明日までにエビデンスを取引先に提出しておいてください。

・海外ではよく行われているこの新しい治療法はエビデンスが不十分なので、まだ試すわけにはいかない。

・そのメールにはエビデンス資料を添付する必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。