「ウルトラc」の意味と使い方は?例文を含めて解説!

「ウルトラc」という言葉の意味を正しく理解しているでしょうか?
聞いたことはあるけれど使ったことはないという人も多いのではないでしょうか。
この記事では「ウルトラc」の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、これを機に正確に覚えてみましょう。

「ウルトラc」ってどんな言葉?

「ウルトラc」の言葉を使ったことがある人は、年代に関係なく多く存在するでしょう。
実際にウルトラcという言葉が誕生した由来や、ウルトラcの表す意味などが分かると、もっと使いやすくなるかと思います。
このフレーズは、最近になって誕生した言葉ではなく、以前から使われてきたところが、この言葉の特徴のひとつですね。
この記事では、「ウルトラc」の言葉の意味や登場した背景などに関して、詳しく見ていきたいと思います。

「ウルトラc」の正しい意味

「ウルトラc」の言葉の本来の意味は、体操競技での超高難度の技です。
ABCの中で、Cが最も難関とされますが、更に難しい技を決めたときに用いられてきました。
1964年の東京オリンピックでウルトラcという表現が使われ始め、現在でも普遍的に使用されています。
昨今は、この超高難度の技から転じて、到底できないとされる行動や展開を大きく変える言動や秘策という意味で使われています。
ビジネスの場面や、体操以外のスポーツなどでもウルトラcという表現がしばしば活用されているところが特徴的です。
実現の難しいことを実現させるための秘策に関して示すことが現在では一般的となっており、日常会話でも高い頻度で活用されています。

「ウルトラc」の使い方を例文で紹介

・ウルトラc難度の技を決めることができ、観客から拍手喝采を浴びる。
・次のコンペに向けて、ここからウルトラcのプランを実行しようと思う。
・実現が難しいかもしれないので、何とかウルトラcのアイデアが欲しいところだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。