「アライアンス」の意味と使い方は?例文を含めて解説!【ビジネス用語】

「アライアンス」とは英語で同盟、連合などを意味する言葉ですが、ビジネスの世界でもよく用いられています。
一例を挙げると、企業同士の業務提携の発表において、「A社とB社はアライアンス関係を結んだ。」といった言い方がされますが、 これはA社とB社が提携関係を結んだ、という意味を表しています。
ここではビジネスの世界で用いられる「アライアンス」について、具体的な用法を挙げながら解説してみますので、ぜひ参考にしてください。

「アライアンス」の意味と使い方は?

ビジネスシーンでの「アライアンス」は、業務提携、協業、連合などを意味します。

たとえば航空業界には「スターアライアンス」や「スターチーム」「ワンワールド」などのアライアンスがあります。
マイレージや航空便のシェアなどにより、自社の弱点を克服し、顧客へのサービスの質を高めることがその目的です。
このような提携関係にある企業同士は、アライアンスパートナーと呼ばれます。

「ストラテジックアライアンス」もまたよく使われる用語のひとつです。
これは戦略的同盟を意味する言葉で、経営戦略的にみて、最大の効果を上げることを目的として結ばれる関係を指します。
人材、販売経路、開発技術、ノウハウ、資材調達経路など、自社に欠けている点を補うことができるので、販路拡大やコスト削減など、業績アップにつながるメリットが数多く得られます。
「アライアンス事業」とは、プロジェクトや企画を共同で行うことを意味します。
アライアンス事業のメリットは、他分野・業種から新たなアイデアを得られるだけでなく、新規顧客の獲得も可能にしてくれます。

「アライアンス」の使い方を例文で紹介

・独自の販路を持たない地域に対しては、地元の企業とアライアンス関係を結び、業績を上げていくつもりだ。

・アライアンスパートナーとして、若者の消費行動をしかと把握している会社を選定中だ。

・ストラテジックアライアンスについてのディスカッションを社内で行っている最中だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。