「アセスメント」の意味と使い方は?例文を含めて解説!【ビジネス用語】

「アセスメント」という言葉の意味と使い方を知っていますでしょうか?
ビジネスシーンで使われる言葉ですが、正しい理解ができていないという人も多いかと思います。
この記事では「アセスメント」の意味や使い方について分かりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、最後までご覧ください。

「アセスメント」の意味と使い方は?

「アセスメント」という言葉の意味について解説していきます。
「環境アセスメント」などの形でアセスメントという言葉耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。
中学校の社会科の教科書にも記載されている言葉なので、低年齢層でも目にする機会がある言葉です。
しかし、その意味は覚えていない、あるいは知らないという方も少なくないと思います。
どのような意味を持つ言葉なのか、ぜひご覧になっていってください。

アセスメントという言葉は、「対象者に介入を行う前に、その介入によってどのような影響を及ぼすのか見立てを立てること」という意味を持ちます。
例えば環境アセスメントは、ダムや工場などの自然に影響を及ぼす可能性が高いものを建設する際、関節による周囲への影響がどの程度になるのか見立てを立てることを指します。
対人支援の世界でも使われることが多い言葉で、介護や福祉の業界で特に頻繁に使用されます。
対象の人物の言動や家族から得た情報をもとに、その背景を考えることをアセスメントといいます。
データなどの客観的な情報だけではない観点であるため、介入の根拠を十分なものにするために欠かせないプロセスの一つになっています。

「アセスメント」の使い方を例文で紹介

・患者がどのような支援を必要としているのか、家族の情報をもとにアセスメントする。

・ゴルフ場の建設がどのような影響を及ぼすのか環境アセスメントする。

・人事アセスメントにより、社員全員が自分の能力を活かせる環境を作ることを目指しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。