「アジェンダ」の意味と使い方は?例文を含めて解説!【ビジネス用語】

「アジェンダ」という言葉の意味と使い方を知っていますでしょうか?
ビジネスシーンで使われる言葉ですが、正しい理解ができていないという人も多いかと思います。
この記事では「アジェンダ」の意味や使い方について分かりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、最後までご覧ください。

「アジェンダ」の意味と使い方は?

「アジェンダ」という言葉について解説していきます。
政治家の演説や国会、身近なところでは会議等で「アジェンダ」という言葉を聞いたことはないでしょうか。
カタカナ言葉はそういった場で使われることが多く、意味を知らなければ内容がわからず困惑してしまうかもしれません。
会議の際に意味がわからない、といったことがないように、この解説を読んで意味を知っておくと良いでしょう。

アジェンダとは、「目次、取り組むべき課題、行動計画」などを指します。
元々、英語のアジェンダ(agenda)という言葉があり、これは「予定表」という意味の言葉です。
これが、ブラジルで1992年に環境保全のための規範として発表された「アジェンダ21」という文書が作成されたことにより、「目次、取り組むべき課題、行動計画」といった意味合いの言葉として定着しました。

会議等を行う際に、「取り組むべき課題」というよりも「アジェンダ」という方がスマートかつ言いやすいため、ビジネスの場で使われることが多いです。
似たような言葉に「レジュメ」がありますが、こちらは講義、公演、プレゼン等の、話を聞来ながら読むものを指し、「アジェンダ」はそれについて話し合う際の資料を指します。

「アジェンダ」の使い方を例文で紹介

・今日の会議内容は、お手元のアジェンダをご覧ください。

・社員の意識改革や労働環境の改善は、我が社が行うべきアジェンダだ。

・地球温暖化の抑止に向けて、ブラジルが提案したアジェンダを意識して生活していこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。