「アグリー」の意味と使い方は?例文を含めて解説!【ビジネス用語】

「アグリー」という言葉の意味と使い方を知っていますでしょうか?
ビジネスシーンで使われる言葉ですが、正しい理解ができていないという人も多いかと思います。
この記事では「アグリー」の意味や使い方について分かりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、最後までご覧ください。

「アグリー」の意味と使い方は?

ビジネスシーンにおいて「アグリー」と言う言葉を聞いて、戸惑ったという経験はありませんか?
日本ではあまり聞きなれない言葉の為、その意味やどの様なシーンで使うのか分からずに、何となく相槌を打ってしまった人もいるかもしれません。
この記事では「アグリー」という言葉についてニュアンスを分かりやすく解説したいと思います。

「アグリー」は英語で賛成や同意するという意味の「agree」から由来したカタカナ英語です。
日本では主にビジネスシーンの会議などで、自身の考えを表示しなければいけない場面で使用されます。
例えば会議で「○○の件について採決を取ります」となった時に「私はアグリー(賛成)です」と使いう他、相手の発言に対して賛同する時には「私も○○さんの意見にアグリーです」といった使い方をします。
ちなみに反対意見の場合は、「~ではない」「~しない」等の否定文にした「私はアグリーできません」と答えるのが一般的です。
ただ、カタカナ英語である「アグリー」は、日本においてビジネス用語として多用されるほど浸透した言葉ではありません。
その為、普段からカタカナ英語を使わない社内環境でわざわざ使うと、知識のひけらかしや知ったかぶり等相手に軽いイメージを与える他、目上の人を怒らせてしまう可能性もあるので注意しましょう。

「アグリー」の使い方を例文で紹介

<肯定の場合の例文>
・その問題に関して○○さんの意見に私もアグリーです。

・○○さんの提案には、私もアグリーです。

<否定の場合の例文>
・残念ですが、あなたの提案にはアグリーできません。

・私はこの計画を全面的にアグリーしているわけではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。