「アクションラーニング」の意味と使い方は?例文を含めて解説!【ビジネス用語】

「アクションラーニング」という言葉の意味と使い方を知っていますでしょうか?
ビジネスシーンで使われる言葉ですが、正しい理解ができていないという人も多いかと思います。
この記事では「オーソライズ」の意味や使い方について分かりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、最後までご覧ください。

「アクションラーニング」の意味と使い方は?

企業の人材育成研修や、大学の教育プログラムにも組み込まれることのある「アクションラーニング」についてその言葉の意味を解説します。
アクションラーニングという言葉は、欧米では実に50 年以上前から人材育成などの能力開発の場面で使われています。
特に、企業や組織において人材教育の責任を担う人や、人材育成分野の業界の人にとってはアクションラーニングという言葉の意味をきちんと理解しておきたいものです。

アクションラーニングとは、現実に起きている課題をケースモデルとして、その課題解決に取り組んでいくグループワークの一つです。
具体的にアクションラーニングは、グループが共通で抱える現実の問題に対処し、ディスカッション等を通じてその解決策を立案・実施していきます。
そして、そのプロセスで実際に個人個人が起こした解決のための行動をフィードバックすることで、個人やグループ、組織が互いに学習していく力を養う学習法です。
アクションラーニングは、架空の事例を解決課題とするケーススタディと比較して、今現在進行している現実の課題を扱うので、将来の結果が予測しにくいような課題へのチームの対応力をつける学習法であるのが特長です。
さらに、適切なタイミングで解決策の相互共有や振り返り、自発的な質問の交換を行い、それを基にチームで新しい解決策をディスカッションするという過程を踏みます。
その結果、チームで生み出した戦略や解決策を自らのアクションへ反映させる力を底上げすることができます。
アクションラーニングは特に、企業やら組織におけるリーダー人材を育成する教育場面では欠かさないものとなりました。

「アクションラーニング」の使い方を例文で紹介

・今度我が社でも新人研修の一環としてアクションラーニングを取り入れるらしい。

・アクションラーニングを行ったお陰でプロジェクトチームの課題解決力が向上した

・部下や上司との相互サポート力や支援しながらのリーダーシップが問われる中間管理職にこそアクションラーニングは有効た。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。