「アイドルコスト」の意味と使い方は?例文を含めて解説!【ビジネス用語】

「アイドルコスト」という言葉の意味と使い方を知っていますでしょうか?
ビジネスシーンで使われる言葉ですが、正しい理解ができていないという人も多いかと思います。
この記事では「アイドルコスト」の意味や使い方について分かりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、最後までご覧ください。

「アイドルコスト」の意味と使い方は?

「アイドルコスト」という言葉について解説していきます。
日本では「アイドル」も「コスト」もともに日常生活で飛び交うことの多い一般的によく知られた言葉です。
しかし、「アイドルコスト」という言葉についてはあまり聞いたことがないという人が多いのではないでしょうか。
工場などで勤務している方など、業者によっては目にしたり耳にすることも多い言葉です。
どのような意味を持つ言葉なのか、ぜひご覧ください。

アイドルコストは、見た目の通り「idle cost」という英語をカタカナに変換した言葉です。
idleという言葉には様々な意味があり、中でも一般的なのは芸能界におけるアイドルを表す使い方でしょう。
しかし、ここでのidleはその意味ではなく、「仕事のない」や「働いていない」という意味で使われています。
costは日常的によく使う言葉で「費用」や「経費」という意味があります。
これを組み合わせた「idle cost」は「働いていない経費」=「不動費」という意味になります。
つまり、人が作業していない時に生じる無駄な人件費、工場の生産ラインがストップしてしまっている時に生じている無駄な経費などを指す言葉です。

「アイドルコスト」の使い方を例文で紹介

・不況の煽りでアイドルコストが大きくなってしまったため、削減を目指します。
・発注していた部品の到着が大幅に遅れて工場の生産ラインが止まってしまったため、このままでは我が社のアイドルコストが増えてしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。