「なるはや」の意味と使い方は?例文を含めて解説!【ビジネス用語】

なるはや」という言葉の意味と使い方を知っていますでしょうか?
ビジネスシーンで使われる言葉ですが、正しい理解ができていないという人も多いかと思います。
この記事では「なるはや」の意味や使い方について分かりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、最後までご覧ください。

なるはや」の意味と使い方は?

「なるはや」という言葉について紹介します。
社会人であれば、友人との会話でも使うことがあるかもしれません。
主にビジネスシーンで使われることの多い言葉になります。

「なるはやでお願いします」と依頼された経験を持っているかたも多いのではないでしょうか。
これは、実に簡単な略語になります。 とはいえ勘違いして覚えている人もいるかもしれません。
ぜひ意味をしっかり確認しておきましょう。

 

なるはやとは「なるべくはやく」を略した言葉です。

優先順位で考えると「大至急」よりは急ぎ度合いが低くなります。
しかし「なるはやでお願いします」と言われた場合、相手は「なるべくはやくお願いしたいです」と言っていることになります。

このような依頼の対応が遅れてしまうと、相手からの信頼は下がります。
業務内容にもよりますが、なるはやで依頼を受けた場合は、忘れることがないよう、早めに対応しておくのがベストです。

「なるはや」の場合、はっきりとした「期限」がありません。
他に抱えている仕事の状況なども考慮して、時間が掛かりそうと感じた場合は、 「最悪いつまでに終わればいいのか」 を確認しておくと、お互いに安心できます。

なるはや」の使い方を例文で紹介

・この書類をなるはやで処理してもらえますか。

・なるはやでお願いしたいといった案件でしたが、さっぱり連絡がありません。

・なるはやで書類の整理をお願いしたら、想像以上に早く対応してもらえてとても助かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。