「あごあしまくら」の意味と使い方は?例文を含めて解説!【ビジネス用語】

「あごあしまくら」という言葉の意味と使い方を知っていますでしょうか?
ビジネスシーンで使われる言葉ですが、正しい理解ができていないという人も多いかと思います。
この記事では「あごあしまくら」の意味や使い方について分かりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、最後までご覧ください。

「あごあしまくら」の意味と使い方は?

「あごあしまくら」という言葉の意味や使いかたを紹介します。
聞いたことがない、という人も多いことでしょう。 日常生活では使う機会の少ない言葉です。
ビジネスシーンにおいても、使う業種ばかりではありません。
滅多に聞かない言葉ですが、分かれば意味はそれほど難しいものではありません。
頭に入れておけば、聞いたときにすぐ理解できるはずです。 ぜひ内容をチェックしてみてください。

「あごあしまくら」とは、「食事代、交通費、宿泊費を負担する」ということを意味します。
本来は落語などの世界で使われていた業界用語です。

あご=食事代
あし=交通費
まくら=宿泊費
と、それぞれ対応する言葉が違ってきます。

そのため、「あごあしまくら」といった場合は、3つすべてが負担してもらえる、負担する、という意味です。
さらに「あごあし」といえば「食事代と交通費」というように応用されます。
あごあしまくらが出た、という場合は「食事代、交通費、宿泊費を負担してもらった」ということになります。

それぞれが何に対応しているか分かりやすい言葉になっていますので、そういう言葉があるということを覚えておくと便利でしょう。

「あごあしまくら」の使い方を例文で紹介

・あごあしまくら、どうしますか

・今回は出演料とあごあしまくらの支払いをする必要があります。

・距離的に日帰りが可能であるため、今回はあごあしだけで問題ありません。

・この先生の講演会は、出演料以外にあごあしまくらも必要ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。