「ワンチャン」ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

「ワンチャン」という言葉をネットで見て気になっていませんか?
よく見る言葉ではありますが、実際に使ったことがないという人も多いかと思います。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら説明していきます。

「ワンチャン」ってどんな意味か知ってる?

「ワンチャン」という言葉について解説をします。
ワンチャンという言葉はもともとはマージャンで使用されていた用語ですが、現在では麻雀以外に日常生活においてもよく聞く言葉となりました。
この言葉は意味合いが結構あいまいなため、気を付けて使用しないと相手にとって都合の良いようにとらえられたり、悪い方向にとらえられることもありますので使用する際にはかなり注意が必要な言葉です。

「ワンチャン」の意味

ワンチャンとは、「一回きりのチャンスをものにできれば勝てる」という意味が本来の意味になります。
ですが現在では様々な用法に使用されており、もう一度、人にお願いなどをする際にワンチャンという言い方をしてもう一度お願いをする際に使用することもあれば、ワンチャンがあるかもしれないとチャンスが回ってくる可能性を示唆させる言葉としても使用します。
ワンは1回、チャンスはそのままの意味でチャンスという意味合いで元々はマージャンで使用されていた用語がそのまま日常生活に使用され現在のようにチャンスを狙う言葉以外にチャンスがあることが確定している際にも使用することがある言葉です。
その為、人によってはチャンスがあることが確定していると勘違いをしてしまう言葉でもあります。

「ワンチャン」の使い方と例文

・次の試合、もうワンチャンあるで。
・まだ、3点先取しかされていないのでワンチャンがあります。
・この点差をひっくり返すにはワンチャンが必要です。
・今度またワンチャン勝負と行こう。
・次の試合、実力を出し切れ、ワンチャンに期待するな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。