「ペア画」とは?意味・使い方・例文を紹介

「ペア画」という言葉について知っていますか?
この記事では「ペア画」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「ペア画」って?

今回は「ペア画」という言葉の意味について解説していきます。
このペア画という言葉はスマホが普及し始めたころから若者の間で流行るようになったので、昭和生まれの方にとってはあまり聞きなれない言葉ではないでしょうか。
若者でもあまりSNSをやらない人はこのペア画という言葉の意味を知らない人が多いかもしれません。
今回はこのペア画というい言葉はいったいどんな意味なのかを詳しく説明していきます。

「ペア画」の意味について解説

ペア画というのは、スマホの待ち受け画面の一種のことを指し、2つの待ち受け画像を並べることによって1つの絵が完成するような画像のことをいいます。
「ペア」という言葉を聞いて、二人がうつっている画像を「ペア画」だと思っている人も多いのですが、実はそれはよくある勘違いだということです。
一番スタンダードなペア画としては「半分に割れたハートマーク」が有名です。カップルなどがよくスマホの待ち受け画面にしているのですが、ハートマークの半分を彼女、もう半分を彼氏が待ち受け画面に設定することによって両者のスマホの画面を合わせると綺麗なハートマークが完成します。
このようにペア画は若いカップル以外の人にとっては全然馴染みがない言葉なので、知っている人もあまり多くは無いようです。

「ペア画」の使い方と例文で紹介

・最近彼女が出来たので早速新しいペア画を設定してみた
・Twitterやインスタグラムには、カップル用のペア画がたくさん投稿されている
・自分はもう30代だからペア画を設定するのは少し恥ずかしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。