「パリピ」ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

「パリピ」という言葉をネットで見て気になっていませんか?
よく見る言葉ではありますが、実際に使ったことがないという人も多いかと思います。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら説明していきます。

「パリピ」ってどんな意味か知ってる?

「パリピ」という言葉について解説していきます。
その響きから、明るくポップな感じをイメージさせる言葉ですが、まさにその通り。
「パリピ」とは、英語のparty people(パーティーピーポー)の略。つまり、パーティーが好きな人たち、そこからみんなでワイワイすることが大好きな人たちを指す言葉として使われるようになりました。
「パリピ」という言葉についてもう少し詳しく見ていきたいと思います。

「パリピ」の意味

「パリピ」は英語のparty people(パーティーピーポー)の略です。
パティピとならないところに注意してください。
partyという単語は実際に英語では「ティ」の音が消えて「リ」に聞こえるところから、英語らしくパー”リ”ーピーポーと言われるようになり、それを略したのが「パリピ」です。
若者たちがパーティーに集って「パーリー!パーリー!」と騒いでいるところが想像できるのではないでしょうか。
今では単にパーティー好きを指す言葉にとどまらず、どんちゃん騒ぎが好きな人、ノリのいい人などの意味もあります。
ただし、遊び人、軽い人というややネガティブな意味が含まれる場合もあるので誰かに使う際には注意が必要です。

「パリピ」の使い方と例文

・会社では大人しいあの子がまさかパリピだったなんて。
・自分はオタクなのでパリピ系は苦手。
・彼女が結構パリピで疲れる。
・ハロウィンからクリスマスはパリピにとって最高の季節。
・クラブでパリピしてきた。めっちゃ楽しかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。