「エゴサ」ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

「tkmk」という言葉をネットで見て気になっていませんか?
よく見る言葉ではありますが、実際に使ったことがないという人も多いかと思います。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら説明していきます。

「エゴサ」ってどんな意味か知ってる?

エゴサという言葉について解説していきたいと思います。
エゴサというのはtwitterなどのインターネット上で自分自信のことについて発信できるネットワークサービスがが普及してきた現在ではよく耳にする言葉ですよね。
芸能人などが「エゴサしている」というような感じで使っているイメージがあるかもしれませんが、実は一般人でもエゴサという行為は可能なんです。
エゴサの詳しい意味と共に使い方などを見ていきましょう。

「エゴサ」の意味

エゴサというのはエゴサーチの略です。
「エゴ」という自分という意味のラテン語と「サーチ」という英語が組み合わさった言葉です。
自分の名前やハンドルネーム、企業名などを検索エンジンで検索してインターネット上での自分に対する他者からの評価を調べる行為です。
他者からの素直な意見を受け取れるため、自分では気づかない部分や今後の身の振り方などを参考にすることができます。
しかし一方で、身に覚えのない誹謗中傷や個人情報などが記載されている場合もあり、精神的苦痛や名誉毀損などの大変な被害を伴う恐れもあります。
エゴサは個人が自由に発信できる場が多くなり、膨大な情報量を集められるようになった現代だからこそできることであり、良いことへ転換できることもあれば、傷付くこともあるのです。

「エゴサ」の使い方と例文

・あの俳優は自分の出演したドラマが放送された後エゴサをしているようだ。
・企業がエゴサをして得られた良い意見と悪い意見をまとめて今後の改善に繋げる。
・twitterでエゴサをしたらひどい悪口が書かれていてショックだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。