「よき/よきよき」ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

「よき/よきよき」という言葉をネットで見て気になっていませんか?
よく見る言葉ではありますが、実際に使ったことがないという人も多いかと思います。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら説明していきます。

「よき/よきよき」ってどんな意味か知ってる?

よきや、よきよきはフジテレビ系列のめざましテレビ内で女子高生流行語大賞2016で発表されました。
渋谷や原宿で女子高生を対象にアンケートした結果だということです。
いつの時代もその年代でのみ、流行したり、使われたりする言葉が、ありますがその一つです。
よきや、よきよきは女子高生流行語大賞で、第2位として発表されていました。
話すときや、LINEなどで友だち同士で良く使っている言葉。

「よき/よきよき」の意味

いいね、という意味があります。
友だちなどと話すときや、LINEなどでも良く使います。
あの人マジかっこよきな、マジよきよきなどという使いかたをします。
古典の授業から派生したとも言われています。
よきを使うときには、テンポを考えてよきよきと2回重ねて使うことが多いようです。
良いねという意味で使う言葉で、古めかしい言葉のように感じますが、流行っている理由は、高校生になって古典の授業が始まったことで、よきかな、などの言葉遣いを女子高生風にアレンジしたとも言われています。
よき以外にも、古典で習ったことにより昔風の言葉いとやありけりなども使っているようです。
特に女子高生が良く使うのが、よきと言う言葉だそうです。

「よき/よきよき」の使い方と例文

・かっこ良い男性を見つけて友だちに、「あの人かっこよき」
・「明日タピらない?」「よきよき」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。