「つらたん」とは?意味・使い方・例文を紹介

「つらたん」という言葉について知っていますか?
この記事では「つらたん」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「つらたん」って?

最近SNSで「つらたん」とつぶやいている人を見て、つらたんとは何だろうと思いませんか。
つらたんと呼ばれる芸能人や有名人でもいるのかと考える人もいるのではないでしょうか。
孫や子供につらたんと言われたらどう反応していいのかわからない。
そんな人の為に、つらたんとは一体何なのか、どういう時に使っていくのかをこれから例文と意味とともに解説していくので、参考になれば嬉しいです。

「つらたん」の意味について解説

つらたんとは、芸能人の名前の略ではありません。
つらたんとは、つらい状況を表す若者言葉です。
「つら」い+「たん」が合わさってつらたんという言葉が生まれました。
つらたんのたんには特に意味はなく、ただ可愛らしさ重視でつけられています、
自分自身がつらい時に使うつらたんは、つらいという状況を表していますが、他人に使う時は、ドンマイや頑張れを指して使うこともあります。
また、つらいことは悲しいことなので残念なことがあったりした時にも使われます。
つらたんという言葉は、深刻に悩むほどつらい状況で使うものではなく、少し面倒だなと感じたりすることに対して使われるので、本当につらくてしんどい時は、つらいと口に出して使います。

「つらたん」の使い方と例文で紹介

・今日は1時間から数学なんて本当につらたん
・朝が寒くて起きるのがつらたん
・気がついたら観たい番組が終わってた。つらたん
・風邪ひいた…つらたん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。