「◯◯ンゴ」ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

「◯◯ンゴ」という言葉をネットで見て気になっていませんか?
よく見る言葉ではありますが、実際に使ったことがないという人も多いかと思います。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら説明していきます。

「◯◯ンゴ」ってどんな意味か知ってる?

「◯◯ンゴ」とはもともとインターネット掲示板でよく使われる言葉ですが、その具体的な使い方や発祥について詳しく知っている方は少ないと思われます。
この「◯◯ンゴ」という言葉は自虐的な意味で使われることが多く、失態や失敗を犯した時に使われることが多い言葉でしたが、近年一般社会でも使われるスラングとして使われることが多くなってきました。
今回はこの「◯◯ンゴ」の発祥を含め、インターネット、現実社会での使われ方を詳しく解説していきます。

「◯◯ンゴ」の意味

「◯◯ンゴ」の発祥は2008年にまで遡ります。
中日時代には日本シリーズでも登板して活躍したことのある『ドミンゴ・グスマン』投手が「東北楽天ゴールデンイーグルス」時代に犯した連続救援失敗から生まれた言葉です。
2ちゃんねるのいわゆる“なんJ”なんでも実況ジュピターがその語源、開幕戦にリリーフ登板し逆転サヨナラ本塁打を打たれたのを皮切りに立て続けに救援に失敗。
楽天ファンの阿鼻叫喚の書き込みとともに「ドミンゴwww」という書き込みが発生、そしてそれが省略されて「◯◯ンゴ」という言葉に定着しました。
これ以来ネット上では「やらかした…」「ありえない…」「まじかよ…」的な意味で「◯◯ンゴ」は使われ広まっていきます。
しかし近年現実社会で使われる場合はネット上での意味あいとは全く異なります。
現実社会では特に意味がなく語尾の音感の良さで使われることが多いです。
一世代前ですと「ぽよ」逆にアラフィフ世代ですと「だっちゃ」などが挙げられるでしょう。
現実社会で使われる場合は「◯◯ンゴ」は過去にもあった様々な語尾と同様、その時代で使われる流行語尾として認識していいでしょう。

「◯◯ンゴ」の使い方と例文

「ネット」
贔屓チームがリードしていて迎えた終盤であっという間に逆転されるシチュエーションにて
〇〇ww 打たれたw「やってしまったンゴ…」「ありえないンゴ」「なんであそこに投げるンゴ…」
「現実社会」
「今日遊びにいくンゴ」「飲みにいくンゴ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。